カテゴリー
売上帳

売上帳に工事経歴書を作成するときに必要な項目を追加しました

建設業許可を受けていると、年に一度、決算のあと監督官庁へ営業年度終了届を提出する必要があります。

営業年度終了届の中のひとつに工事経歴書があるのですが、これを作成するのが結構手間です。

なんせ、売上を手書きのノートで管理してたもんですから。。。。。。

今回、工事経歴書の作成をもっと簡単に効率よくするために売上帳に工事経歴書を作成するときに必要な項目を追加しました。

内容は

工事経歴書の項目 売上帳の項目
   
工事の種類 工事の種類
注文者 顧客
元請又は下請の別 請負区分
JVの別  
工事名 現場名
工事現場の場所  
配置技術者 現場担当
請負代金の額 売上金額
着工年月 着工年月
完成年月 完工年月

というふうに対応するようにしました。

うちの場合JVはないので省きました。

工事現場の場所はほぼ頭に入っているので省きました。

工事の種類についてはviewコードの中にリストとして書き込んだので、別にテーブルを作った方がいいかなと思っています。

☑帳簿入力というのは、この売上帳をもとに会計ソフトへ入力しているので、会計ソフトへの入力ができたら済みということでチェックを入れます。

☑資金繰り入力というのは、別に作っている資金繰り管理表へ入力ができたらチェックを入れます。

工事経歴書を作るときに、元請か下請かは顧客を見ればわかるのですが、厄介なのが着工年月と完成年月です。

これを調べるためにいちいち契約書を探したり、担当者に確認しなければなりませんでした。

これからは売上帳を入力するときにその都度確認しておけばあとで楽になりそうです。

ちなみに、今回追加した項目は管理者権限のあるアカウント(スタッフ)でログインした場合のみ表示されるようにしています。

スタッフ登録は自由にできますので管理者権限を付けずにスタッフを作成してログインしてみてください。

管理者権限がなければ今回追加した項目は非表示になります。

こちらから、どんなものを作っているのか見ていただくことができます。

※読み込みにすごく時間がかかるときがあります。

http://sample-keiri.herokuapp.com/login

名前:samplekeiri

パスワード:password

でログインできます。

好きなように、登録、削除していただいて構いません。

カテゴリー
売上帳

売上帳のパスワード情報が漏洩した?

売上帳にログインしたらこんなメッセージが。

ウォォォォー

なんだこれはー

正直ビビりました。

まだ作って間もないのに。

これからたくさんの人に見てもらいたいと思っていたのに。

こんなショーもないサイトになぜハッカーが?

そうです。てっきりハッカーにやられたと思っていました。

でもちがいました。

これはGoogle Chromeの「Password Checkup」機能だったんですね。

あーよかった。

なぜ、このメッセージが出てきたかというと。

僕がサンプルデータをいくつか登録していて、nameとpasswordを覚えるのがめんどうで、nameとpasswordを同じにしていたんです。

そしてログインできるか確認しようと思って登録したアカウントでログインしたところ今回のメッセージが出てきたというしだいです。

でもセキュリティー面もしっかり勉強しなければと思いました。

サンプルを公開しています。

登録、削除はご自由にOKなのですが、くれぐれもどうでもいいデータの登録をお願いいたします。

こちらから、どんなものを作っているのか見ていただくことができます。

※読み込みにすごく時間がかかるときがあります。

http://sample-keiri.herokuapp.com/login

名前:samplekeiri

パスワード:password

でログインできます。

好きなように、登録、削除していただいて構いません。

 

 

 

 

カテゴリー
売上帳

売上帳にselect2を導入しました

今、作っている売上帳は僕が理想としているものにはほど遠く、試行錯誤しながら、悪戦苦闘しながら進めています。

ちなみにrailsで作っています。

ほぼほぼわからないことばかりなのでインターネットでググりまくっています。

売上帳の構成(テーブル)は

  • 売上帳テーブル
  • 顧客テーブル
  • スタッフテーブル

の3つで構成しています。

売上帳に入力する際には、顧客とスタッフはそれぞれのテーブルをもとにプルダウンリストで入力するようにしています。

今はまだそれほどデータは入っていませんが、今後顧客データが増えていくとリストの中から探して選ぶのは使いにくくなっていくだろうなと考え、選択と合わせてキーワード検索もできないかなと思いました。

それで調べてみるとselect2という便利なものがあることを知りました。

railsにselect2を導入する方法をググってみると、もう色んな方法がわんさかと出てきます。

僕でも理解できそうなものを選んで参考の通りしてみるのですが、うまくいきませんでした。

実はここからが大変でした。

紹介してある色々な方法を試してみるのですがどれもうまくいきません。

railsのバージョンによってやり方が変わるようですが、

rails6からはwebpackerというものが入ってなんか変わってるみたい。

僕が使っているのはrails6でした。

rails6になると情報がとても少なくなります。

とにかく、コードをコピペしてうまくいかなければ消して、また違うものをコピペしてを

何回繰り返しただろう・・・・・・

そんなこんなしているうちにやっとの思いでできました。

このできたときのうれしさ、感動。

この幼稚な文章では伝えきれないと思います。

コピペなので決して自分の力ではないのですが。うれしかったです。

こちらから、どんなものを作っているのか見ていただくことができます。

※読み込みにすごく時間がかかるときがあります。

http://sample-keiri.herokuapp.com/login

名前:samplekeiri

パスワード:password

でログインできます。

好きなように、登録、削除していただいて構いません。

 

カテゴリー
売上帳

売上帳をつくってます

脱エクセルのために自分でプログラミングして会社内のさまざまなデータをデータベース化していこうと取り組んでいます。

まず最初に取り組んでいるのが売上帳です。

実は売上帳、エクセルではなくノートに手書きで管理しています。

内容としては

日付

契約番号

請求先

工事名

金額

営業担当

現場担当

をノートに書いてます。

ページごとに区切りの縦線を定規で引いて、

いまさらながらこんなに面倒なことを何十年もしてきたなと思います。

エクセルでやれば簡単にサクッとできてしまうのに。

エクセルでもいいんじゃね。

と思いながらも

いやいや、データベース化することに大きな意味があるのだと楽なほうへ行きたがる気持ちを抑えながらプログラミングを勉強しています。

そしてついに、データをデータベースに登録するところまでできるようになったのでそれを公開します。

本当にただデータを登録するだけのチープなものですけど。

僕自身はすごく感動しています。

ここから会社内のデータを集約しつなげるのだとワクワクした気持ちがあります。

こちらから、どんなものを作っているのか見ていただくことができます。

※読み込みにすごく時間がかかるときがあります。

http://sample-keiri.herokuapp.com/login

名前:samplekeiri

パスワード:password

でログインできます。

好きなように、登録、削除していただいて構いません。

 

カテゴリー
売上帳

はじめまして

初めまして「コミュオ」と申します。

スタッフ数20名ほどの建設会社で経理を担当しています。

2016年:「アルファ碁」がプロ棋士に勝利を収めました。

このニュースをきっかけにAI・人工知能が大変話題になったことを覚えています。

そして、AI・人工知能によって消える仕事が数多く出てくることも言われるようになりました。

その中に僕のしている経理の仕事も含まれていました。

また時を同じくして働き方改革が提唱されるようになりました。

これからのAI・人工知能社会をどう生き残るか。

今のままで大丈夫なのか。

あの頃から悶々とした日々を過ごしてきました。

2020年:新型コロナウイルスの感染拡大。

社会は生活様式、働き方を変えざるを得なくなりました。

経理という仕事は今後どのように変わっていくのか。

一言で経理といっても

会社の規模

会社の業務内容

IT化が進んでいるのか

まだまだアナログでやっているのか

いろいろな状況でさまざまな形の経理があると思います。

僕は今、経理という仕事を変えていきたいと思っています。

ペーパーレス

キャッシュレス

が進んでいけば仕事のやり方は大きく変わります。

それに加え、脱エクセル

これは何かというと

多分、多くの経理担当者はエクセルを駆使しさまざまなデータ集計などを

していることと思います。

僕も自作しているエクセルファイルを見ると

未収金管理表

資金繰り管理表

未成工事管理表

外注支払管理表

クレジットカード使用管理表

担当者別売上粗利集計表

収支予測表

スタッフ名簿

顧客名簿

などなど、作っています。

この他にも、紙・ノートに手書きで管理しているものもあります。

こうなるとテレワークなどとてもできません。

そこで考えたのが脱エクセルです。

経理が扱うものはほとんどが情報・データです。

そのデータをすべてデータベース化できたら。

エクセルだとばらばらに存在しているデータをすべてつなげることができる。

もっと価値のあるデータにできるのではないか。

僕はプログラミングにも興味を持っていました。

プログラミングでばらばらに存在するエクセルデータをデータベース化したら

これは自分のスキルも向上するし、仕事の効率もよくなる

一石二鳥ではないかと考えたのです。

これから先、今までの経理がAI・人工知能によって淘汰されていくことに

ただ不安をもつのではなく

新たなスキルを身に付け付加価値の高いものを提供できるようになれば

必要とされる人材になるのではないか。

僕がこれから取り組んでいくことをこの場で公開し

もし、僕と同じような境遇の経理の仕事をしている人がいれば

なにか参考になるようなことがあればうれしく思います。